勝負の分かれ目はスピード・賃貸事務所の契約で成功する秘訣

オフィス

生産ラインの確立

男性

生産の拠点となる工場は、賃貸で契約することもできますが工場建設で一から作ることもできます。業種に合わせて土地の用途地域制限を確認する必要がありますが、十分な敷地と安定したベースの土地があれば工場建設もスムーズに進むことでしょう。
ただ、この敷地やベースの土地以外でも工場建設で重要視しておきたいポイントがあります。それが工場内部の設計であり、生産ラインをどのようにしていくかで拠点の稼働率が決まります。実際、デザイン性だけにこだわって作ると、生産ラインでデッドスペースが生まれて効率が下がります。こうなると、予定できる生産数を下回ってしまうこともあるので、無駄のないスペースづくりと稼働させやすい動線を考えて導入していきましょう。

工場建設はメインである内部のレイアウトも大事ですが、それに付随する項目にも注意しなければなりません。例えば、生産の過程で出る廃棄物を処理する場所の確保や生産した製品の搬入や搬出を行なうスペースの確保があるでしょう。業種によって違いがあるかもしれませんが、必要性の高いスペースであることには変わりありません。それに、いずれも通常に稼働させることを想定すると、工場自体で大きなポイントになるスペースです。それにこのあたりを考慮せず工場建設を開始してしまうと、後付けできない問題に発展することもあります。ですから、事前に専門業者との打ち合わせやシミュレーションを実施した上で、生産拠点として最適な状態に仕上がるようにしていきましょう。